茶色シートや土足禁止の車などは高額買取になりやすい

業者は、レア度の高い物を高く評価している傾向があります。ありふれた品物よりも、珍しい品物の方が高く売れる事も多いのですね。
車もそれは同じです。車買取に関する口コミなどを見てみると、たまにレア度と買取金額との関係性が見えてくるものなのです。もしも珍しい車を持っているのであれば、それを大々的にアピールしてみるのも1つの方法と言えるでしょう。

革張りの茶色シートが高評価になった

私は以前に、ある車買取り店の公式サイトを見たことがあります。そのサイトでは、以前に買い取った車に関する事例を色々と紹介していたのですね。その中に1つ興味深いものがあったのですが、それは車のシートに関する内容だったのです。

そのお店では、ある来店客が持ち込んでいた車をかなり高く買い取っていたようです。それにはきちんと理由があって、その車のシートだったのですね。
まずシートが革張りになっていた点です。車買取り店としては、革張りのシートは高く評価する傾向があるのです。多少年式が微妙でも、シートの素材次第では思わぬ金額が付く事例なども見られるのですね。

そして上記のお店に持ち込まれた車の場合、そのシートの色に特徴がありました。茶色のシートだったようなのですね。

車のシートというと、一般的には黒色などが多いでしょう。上記の革張りで黒色のシートなどは、本当によく見かけます。
しかし買取り業者からすれば、茶色のシートはとても珍しいようなのですね。レア度が高い車だと見なし、その車に対してはかなり高めな金額を出していたようです。ですので茶色のシートが実装されている車の査定を受けるならば、ちょっとお店の担当に方に対して強気にアピールをしてみるのも良いでしょう。それがきっかけで、数万円ほど高く売れる可能性もあるからです。

土足禁止の車も高く売れやすい

それは何も革張りシートだけではありません。レア度が高いものと言えば、土足禁止の車でしょうか。
土足禁止の車は、そもそもめったに見かけるものではありません。車買取り店に対する口コミなどに目を通しても、土足禁止の車の買い取りの事例は殆ど見かけない事が分かるでしょう。

つまり土足禁止の車は、相当レア度が高い訳ですね。恐らく持っている方は少ないとは思いますが、その車の査定を受けるのであれば、やはりお店の担当者に強くアピールしてみるのが良いですね。
このように車の買い取り金額というものは、「珍しさ」によって決まる要素もある訳です。レアな車をお持ちならば、それを大きくアピールするようおすすめします。